水道技術経営情報 



 水道の専門情報「狸の水吞場」へようこそ。2000年より運営中、2010年からはコンサルも請け負ってます。ご用命はお問い合わせフォームからどうぞ。
会社概要 連絡先
 狸の水呑場は水道技術経営パートナーズ株式会社が運用しています。
サイト 検索
Powered by Google
水と水道 の専門情報
水道の実務に役立つ情報をジャンルごとにわけて掲載しています。しばらく更新が後手にまわっていましたがまずはアップデートに取り組んで行く予定です。
  水道専門情報はこちらへ (旧インデックス)
水道業界 出来事 データベース
 2000年以降、水道界で起こった事件や災害など出来事をニュース記事を中心にデータベース化。各種調査やリスクマネジメントの起点にどうぞ。なお、さらに詳細な事情がほしい場合は弊社までご用命ください。
 過去18年間の出来事はこちらへ
水の本 ピックアップ
 水と水道に関して学ぶための本を書評つきで紹介。弊社が執筆参加した書籍もあります。

 水道事業とは何か、マネジメント、浄水処理から配水等。水道技術者として最低限知っておくべき基礎知識を、紙面の許す範囲で詰め込みました。
 その他水道関連書籍はこちらへ
水道関連の 資格
 水道の専門家向けの資格取得を支援。技術士をメインに関連資格の取得に関するTIPSを紹介していく予定です。
 近日公開予定!
世界 の水道事情
 世界の水道に関する情報のニーズに鑑み少しずつ紹介していく予定です。
 近日公開予定!
フェイスブック
 弊社関係者の気付きやパートナーの海外事情などを随時報告しています。
水に関する各種取組の 紹介
 水と水道に関連するイベントの時系列を作成してみました。年間予定を考える際に参考にしてください。
NEW!
 次回の水を語る会は 11月11日土曜日、13:30-於Web です。
 水道関連イベント日程はこちらへ
世界と交流する若手の交流組織。今般サイトリニューアル!
 水と環境問題についての政策提言がご専門、吉村代表のサイトです。
 海外水道プロジェクトがご専門です。
 海外水道プロジェクトの専門家経験者のネットワークです。
 水道事業の発展、水道事業の健全な運営を支援することを目的としています。
アクセス カウンタ
水道事業 経営診断 (ファクトシート)
 水道統計データを用いた簡易な経営診断を提供しています。 一般的なPIではなく、弊社なりの経験にもとづいて分析項目を工夫しています。
 サービス案内  契約者様向け(全水道事業体分)
水道版 悪魔の 用語集
 水道関連の技術用語や略語、さらには隠語等も含めて紹介。一部には意外な人気があるページだったりします(笑)。
 狸の用語集はこちらへ
先週の出来事・今週の予定

NEW!

2024年2月11日

 年度末も押し詰まってまいりました。この時期は全方面に余裕が
ないですが、ここを乗り切れば....そろそろ花粉の季節かなw

 先週以前の更新履歴は こちらに掲載しています。

今週の 水と水道 の写真
フィジーの首都スバから少し山にはいったところにある浄水場(施設名称調べ忘れた)、中国がDBOで建設運営をしている施設だとか。オーソドックスな凝集沈殿で、確かに日本の設計ではないですが、ちゃんと運営できてますね。240201撮影。

写真の解説、及び以前の水と水道の写真へ
先週の水道周辺の出来事
NEW!
  • 【240217】静岡県静岡市の基幹管路の耐震化率、2022年度末で41.5パーセント。
  • 【240217】福岡県福岡地区水道企業団、渇水対応で緊急用の山口調整池(筑紫野市)の水の使用を始める。
  • 【240217】東京都の河川敷や公園で、蛇口48個が盗まれる。
  • 【240218】トルコのイスタンブールの防犯カメラに、道路のコンクリートが盛り上がって水が噴き出す水道管破損の瞬間が撮影される。
  • 【240219】新潟県新潟市に県が作った水辺の広場「万代テラス」。萬代橋に近いエリアには水道が整備されてないが、イベントで需要があり、整備することに。
  • 【240219】徳島県小松島市水道部課長、パワハラで戒告処分。
  • 【240219】ウクライナのミコライウ、2021年4月に浄水所が破壊されてから、新たに掘った地下水を自治体などが配っている状況は変わらず。
  • 【240219】福岡県福岡地区水道企業団の海水淡水化センターが、渇水で12月以降フル稼働。
  • 【240219】埼玉県ふじみ野市、更新事業に多額の事業費が必要であることに加え、原油価格の高騰などによる動力費の増加が費用を圧迫していることから、令和6年12月より約23.4%の料金改定。
  • 【240219】愛知県議会で県営水道を、一般家庭で平均120円/月の値上げとなる条例改正案提出。維持管理費が上がっている他、大村知事は「耐震化の観点からの設備更新もいたしますので、今回(能登半島地震)のような大きな地震にも十分耐えうるような投資もしていきたい」とする。
  • 【240220】能登半島地震の不眠不休のインフラ復旧作業に絡めて、災害らによる臨時の必要がある場合の労働時間の延長や休日労働について定めた、労働基準法に第33条の解説記事。
  • 【240220】米国立環境衛生科学研究所の前所長が、焦げつき防止加工の鍋やフライパンを全て処分したという記事に、PFASは既にいろんなものに含まれていて締め出すことはできないから、身を守る努力をしなくてはいけないとの話。
  • 【240220】山口県佐波川流域の佐波川ダムと島地川ダムの貯水率が83.4%まで回復し、11月から続いていた取水制限が解除。
  • 【240220】沖縄県内11ダムの貯水率、2月末には過去10年で最も低い貯水率44.3%に達する恐れ。PFASが検出された中部水源からの取水は再開しているが、いちばん高い値で検出されている比謝川からの取水を再開するか、企業局の渇水対策本部会議で協議。
  • 【240220】大分県別府市、水道局の公共工事を巡る汚職事件で有罪判決を受けた元課長に、退職金の返納を求め裁判を起こす方針を固める。
  • 【240220】静岡県静岡市、2024年度の当初予算案で、水道管の耐震化や液状化による被害想定の調査に8億5000万円。総務省地域力創造アドバイザーの西原氏は、住民レベルで出来ることとして、井戸の活用や水の備蓄のほか、行政任せでなく地域での水融通の連携が必要とする。
  • 【240221】玉川上水についての記事。木製の水道管「木樋」の気密性の高さで逆サイフォンで給水していることなどを評価。
  • 【240221】米テキサス州で水道管が破損し、道路に大量の水が吹き出す。当局は破損個所をシステムから切り離し、周辺の道路を封鎖。
  • 【240221】宮崎県宮崎市上下水道事業経営審議会の答申案、物価高騰や耐震対策のため、2025年4月から水道料金を平均9.0%、下水道を平均19.71%値上げ。
  • 【240221】静岡県三島市、配水池の清掃を水を抜かずに水中ロボットで行う。
  • 【240222】能登半島地震のインフラ復旧の進捗状況について、慢性的な人手不足やサプライチェーン弱体化が影響を及ぼしている可能性は高いと指摘する記事が、相応のコスト負担を行ってインフラを維持するのか、シュリンク社会にシフトするのか重大な決断をするタイミングは目の前に来ていると主張。
  • 【240222】兵庫県福崎町西治の大円食品工業。約50の自治体の水道水を加工してアルミボトルに詰め、ご当地の備蓄飲料水として出荷する事業をする一方、能登半島地震で被災した7つの自治体に、1200本ずつを寄贈。
  • 【240222】岡山県倉敷市伊東市長、次期市長選への立候補を表明した会見で、水道の耐震化を進める考えを示す
  • 【240222】イラク、下水からの漏出、河川への医療廃棄物の投棄などで水質汚染が進み、飲用に適した水の供給を受けているのは人口の半分で、特に南部が深刻。
  • 【240222】中国・広東省の河口付近の橋脚に船がぶつかって橋が落ち、橋を通ってた水道管から水が吹き出す。
  • 【240222】沖縄のベンチャー企業が、川や海の水から生活用水や飲み水を作る装置を、災害時の備えとして自治体に営業。
  • 【240222】兵庫県尼崎市で民家の水道メーターを盗もうとした男が、窃盗未遂の現行犯で逮捕。
  • 【240222】秋田県佐竹知事、県議会で災害対策についての質問に対し、大学、海上保安庁、自衛隊、電気、ガス、水道の関係機関などで組織される検討会で、男鹿半島や山間部の集落の孤立などに対応した復旧計画を策定する考えを示す。
  • 【240223】広島県東広島市、指針値を超えるPFASが検出された井戸の所有者に飲料水を配布し、上水道の敷設を進める考え。
  • 【240223】岡山県高梁川流域自治体や企業でつくる水利用協議会、主要6ダムの合計貯水率が一時35%まで低下していたのが、その後の降雨で74%まで回復したのを受けて、11月からの取水制限をいつ解除するかの会合を来週行なうことに。
  • 【240223】愛媛県松山市、石手川ダムの貯水率が19日に38.5%だったのが、ここ数日のまとまった雨で43.7%まで回復したものの、平年値(81.5%)の半分ほどで、引き続き市民に節水を呼びかけ。新居浜市は地下水の水位が回復し、節水の広報を終了。
  • 【240223】ユニセフ、ウクライナの子どもたちは戦争で精神面と教育面で大きな影響を受けている、地下シェルターの多くは暖房や電気、水道が利用できないため、子どもにとっては冬季の避難は「特に恐ろしいもの」だと指摘。
  • 【240223】神奈川県横浜市西谷浄水場、移設した大正時代のれんが造りの建造物6棟を一般公開。

【令和6年能登半島地震】

  • 【240217】石川県珠洲市馬緤町、地震直後の断水時から市が運営する「自然休養村センター」に山水を引いたところ、住民200人が集まり、助け合いながら生活。
  • 【240217】石川県志賀町の介護医療院、1月下旬に、施設内の一部で水道が復旧したことから入浴介助を再開。珠洲市の介護施設では、井戸水の掘削ができたため、入浴介助の再開に向けた機器の導入などを検討中。
  • 【240217】石川県珠洲市のコインランドリーで、ろ過装置などの提供を受けて、水をろ過して何度も洗濯に使用する試み。
  • 【240217】石川県珠洲市町中心部の高台にある避難所や折戸町で、水道が通水し始める。
  • 【240217】石川県珠洲市で給水活動をする自衛隊。断水している被災地から遠くのため池で水を汲んで、ろ過装置に通したうえで、給水車で運ぶ。
  • 【240217】大阪府のボーリング会社メーサイが、石川県輪島市で井戸掘り支援。
  • 【240218】石川県輪島市釜屋谷町にあるコインランドリー、水道が復旧して営業再開し、断水続く輪島市で貴重な場所として洗濯待ちの長い列ができる。
  • 【240218】石川県、ボランティアが通水している町の宿泊場所からバスで断水している被災地に移動する分、活動時間が短くなることへの対応として、奥能登2市2町での帰りのバス時間を19日から1時間から1時間半遅らせることに。
  • 【240219】石川県、1月末から2月9日時点での下水管の被害なし・流下機能確保の割合変化は、珠洲市6%→8%、輪島市44%→44%、穴水町24%→35%、能登町58%→63%、七尾市64%→77%で、上水道が復旧しても下水道が復旧するまで生活排水は流せない状況。
  • 【240219】石川県、被災地で活動する建設業者や水道業者の宿泊場所が足りていない状況に対し、能登空港の敷地内に134人分のプレハブ式宿泊施設の、3月中の整備を目指す。
  • 【240219】宮崎県延岡市、石川県能登町に給水車を派遣。
  • 【240219】石川県珠洲市の泉谷市長、テレビ局の取材に「2月末をめどに上下水道の復旧を進めているところ」と話す。
  • 【240219】石川県の断水自治体で、地域防災計画では井戸の活用に言及されてはいたが、具体的な制度づくりには至っていなかったとの指摘。
  • 【240219】石川県の被災地で活動する給水車、日水協約70台、自衛隊約30台。県の担当者は「自衛隊には道路状況の悪い地域での対応を依頼している。断水が解消されるまでお願いしたい」と話す。
  • 【240220】石川県の断水、七尾市、能登町、志賀町の3市町で820戸解消し、残る世帯は7市町で計2万2880戸。
  • 【240220】富山県黒部市のホテルの2次避難者向けに行われた、今後の住まいなどに関する説明会で、石川県と輪島市の職員らが輪島市内の道路や水道などの復旧状況を説明し、どのような住まいを希望するか聞き取り。
  • 【240220】石川県の災害対策本部会議で馳知事が、県営水道の送水管が、22日にも終点の七尾市能登島の須曽町まで復旧する見込みと発表。
  • 【240220】石川県輪島市の坂口市長、テレビ局の取材に市の3分の1が通水したこと、一日も早い日常生活に戻れるように、水、住まいの確保に力を入れていることを話す。
  • 【240221】長崎県佐世保市、石川県能登町に給水車派遣。能登町の断水は、20日時点で6220戸中3124戸。
  • 【240221】静岡県、石川県珠洲市に職員3名を派遣。すでに調査に入っている静岡市や浜松市の職員とも連携を取りながら、水道管の漏水状況などを調査。
  • 【240222】石川県七尾市の茶谷市長、県営水道の送水管が22日に復旧するとのことで、4月以降と見込んでいた七尾市全世帯の断水解消見込を3月中に前倒し。
  • 【240222】石川県営水道の送水管が復旧。
  • 【240223】天皇陛下、誕生日の記者会見で「水道施設の復旧が難しく、断水が長期にわたっており、非常に不便な生活を強いられている方も大勢おられます。ライフラインの復旧などに日夜懸命に取り組んでおられる皆さんに、改めて心からの感謝をお伝えしたいと思います。」と述べられる。
  • 【240223】青森県八戸圏域水道企業団の職員が、石川県七尾市での応急給水活動から帰還し報告。LINEやグーグルマップを使った指示で、「土地勘が無くても迷わず現場に行けた。デジタルの活用でスムーズに作業できた」。
  • 【240223】長野県諏訪市、水道局職員と水道温泉事業協同組合に加盟する事業者8人から成る復旧支援隊を、石川県の被災地に派遣。

 過去の「水道周辺での出来事」は 水道業界出来事データベースにてストックしてあります。